IMG_0048
  • キッチン
  • 2015/4/5

失敗しないマヨネーズの作り方!(人気の投稿再掲載)

(※記事の公開後、常にアクセスが続く人気の投稿を再度掲載いたします。今回は2014年7月に公開した「失敗しないマヨネーズの作り方!」です。) ...

DPP_0007
  • キッチン
  • 2015/3/15

手作りバターはめちゃ美味しい!(人気の投稿再掲載)

(※記事の公開後、常にアクセスが続く人気の投稿を再度掲載いたします。今回は2013年10月に公開した「手作りバターはめちゃ美味しい!」です。 ...

IMG_1118
  • キッチン
  • 2014/3/24

〈煮魚復権〉簡単で旨いつくりかた! 

日本人の食の基本は米と魚ですが、最近、煮魚って焼き魚に比べて人気がないと思いませんか? そこで今回は焼き魚に負けない、煮魚のつくりかた ...

IMG_1092
  • キッチン
  • 2014/3/10

「今さら誰も教えてくれない」目玉焼きのつくりかた

卵はありふれた食材ですが、卵料理には料理の基本のすべてが詰まっています。しかし、巷にあふれているレシピ本には〈目玉焼き〉のような定番メニュー ...

一時間半経ちました。
  • キッチン
  • 2014/2/24

料理の基本、チキンブイヨンをつくってみよう!

ブイヨン=ストック=出汁は料理の基本です。いつもは市販品のキューブや粉末で済ましてしまいがちですが、一度くらいはご自分で出汁をとるというのは ...

th_2014-02-12 13.15.24
  • キッチン
  • 2014/2/17

食べられる石をつくる!

先日もご紹介したスペインの二つ星レストラン『ムガリッツ』は“ポスト”エルブジと期待される最先端料理の機首です。 『ムガリッツ』はスペイン、 ...

IMG_0998
  • キッチン
  • 2014/1/27

パイナップルとゼリーの関係

『パイナップルにゼラチンを入れても、ゼリーは固まりません』 よく知られていることですが、これはパイナップルのなかにタンパク質を分解する ...

塩で味をつけた粥のうえに、小豆と煮汁を少し載せれば小豆粥の完成です。
  • キッチン
  • 2014/1/13

小正月には小豆粥〜小豆を煮る科学について〜

1月15日は小正月、昔から小豆粥を食べるという習わしがあります。小豆粥は簡単につくれますし、あんこが苦手、という人でも塩味なので食べやすいと ...

th_IMG_0956
  • キッチン
  • 2014/1/6

出汁の引き方についてのお話

和食が世界無形文化遺産に登録されたことで、日本料理業界が活気づいていますね。 「和食の基本は出汁。家庭でも出汁を」 とはよく日本 ...

th_glowing-embers-2_2185261
  • キッチン
  • 2013/12/23

高い炭と安い炭で味は違うのか?

冬にBBQをやる人はあまりいないかと思いますが(笑) ホームセンターにいくといろんな炭が売られてますよね。高級炭の代表格はやはり備長炭でし ...

IMG_0021
  • キッチン
  • 2013/11/18

牡蠣研究! 牡蠣の縮み対策には片栗粉を使う

牡蠣を加熱する際、気になるのは『縮み』です。 牡蠣は安全のために充分に加熱をする必要があります。代表的なノロウイルスによる感染を防ぐた ...

th_IMG_0804
  • キッチン
  • 2013/11/11

牡蠣研究・加熱用と生食用の違いは鮮度ではありません!

スーパーの鮮魚売り場に行くと、むき身の牡蠣が売られています。そこには『加熱用』と『生食用』の表示。この違いってなにか、ご存知ですか? ...

th_2013-10-22 13.48.09
  • レビュー
  • 2013/10/23

最新の知育菓子は分子料理的だった!

知育菓子って昔からありますよね。古くは『かたぬき』とか、自分が子供の頃は『ねるねるねるね』とかそういう類の駄菓子です。それで最近はどうなって ...

th_sy_044
  • キッチン
  • 2013/10/23

魚の生臭さは科学で解決?

『魚を食べましょう』というスローガンはよく聞きますが、実際には難しいですよね。あれこれと理由をつけても魚には『割高』な印象があります。経済的 ...

th_IMG_0710
  • キッチン
  • 2013/10/14

店のリゾットはなぜ美味しい?

暑くなったり、寒くなったりというおかしな気候ですが、季節はもう秋。店頭には栗やさつまいもなど秋の収穫物が並んでいます。栗やさつもいもはリゾッ ...

th_スクリーンショット 2013-10-05 15.16.45
  • キッチン
  • 2013/10/7

究極のスクランブルエッグの作り方

横浜、鎌倉や表参道などで展開している『bills』の『世界一の朝食』というコピーがメディアに出てから『朝食』は外食産業のひとつのキーワードに ...

さらには水を少しずつ足していくと、やがて・・・・・・・
  • キッチン
  • 2013/9/23

フルーツを使った実験 〜21世紀料理教室 その14〜

分子ガストロノミーはなかなかに使い方が難しい言葉で、意味を正確に理解している人は少ないのが現状です。さらには分子料理という言葉もあって、それ ...

th_IMG_sizemini
  • キッチン
  • 2013/9/16

空気を食べる時代 〜21世紀料理教室 その13〜

エルブジのシェフ、フェランアドリアをはじめ、スペインのシェフたちが切りひらいた新しい料理は、一気に世界に広まりました。ところで、最近、レスト ...

1 2
ページ上部へ
ツールバーへスキップ