• レビュー
  • 2017/4/21 05:00:12

築地「場外」市場はのこります(Report 47)『デカイ築地のアサリでアクアパッツァに初挑戦』

やってきました貝の季節! 振り返ればこの連載は、築地場外市場で売られるデッカイあさりに魅了されてのスタートでした。あれから一年、築地には「貝」専門の仲卸の店があることを知ります。しかも、昨年末にオープンした場外の買い物施設「築地魚河岸」では、専門の仲卸さんが選んだ貝を、いつでも誰でも買えるという恩恵も! 春の築地場外は、貝好きのシュフにはたまりませ~ん。

 

写真(01)(本文用)

 

貝類を中心に扱う仲卸「渡辺商店」(昭和10年創業)が昨年、「築地魚河岸」の小田原橋棟に開店したのが『築地 わたなべ』(築地6-26-1)。ホテルや有名寿司店、仕入業者などプロの手にしか渡らなかった選りすぐりの貝を、ここでは気軽に買うことができます。

 

写真(02)(本文用)

 

シジミもアサリも青柳もハマグリも、そしてサザエなどの巻貝も!渡辺商店では常時50種類近くの貝を扱っているそう。こちらの棚台にも、定番の貝のほか、初めてお目にかかるようなカタチの貝、貝、貝だらけ……見ているだけで楽しい!

 

写真(03)(本文用)

 

ぷりっぷりの牡蠣も!牡蠣のシーズンは過ぎたように思えますが、じつは6月上旬までは最もおいしい時期なのだとか。春から初夏にかけては、ホントに貝の季節なんですねぇ~。

この大ぶりな岩手の牡蠣は、クリーミーな味わいがウリ。フライなどにしても身が縮まないそう。

 

写真(04)(本文用)

 

うまそ~!貝専門店ならではの「貝づくし弁当」も売っています。タレで煮込んだ牡蠣のプリリンぶりをごらんあれ。火入れをしても“縮まない”証明なのです。

 

写真(05)(本文用)

 

創業当時は鮮魚の卸だったことから、貝のほかに扱う魚の種類も豊富。この日は、10キロを超えるコブダイがドーンと鎮座していました。

 

写真(06)(本文用)

 

出た~!築地名物のデッカイあさり! 極上の品が集まる築地だからこその、たまげる大きさです。昨年、びっくりして購入したものは愛知県産。今年、ここで見つけた超ド級は熊本県産。全国津々浦々から、ようこそ築地へ~!

 

アサリの旬は春。産卵を控えて、ぷくぷくに太るのです。調べてみたら、「うまみ成分のコハク酸がアップする」とのこと。わたしはアサリから出る濃厚なうまみがだーい好き!ぱくっと開いた殻にくっついている身が肉厚なのが何よりうれしい。大きなアサリに恋焦がれます。

 

写真(07)(本文用)

 

デッカイあさりを前に鼻息を荒くしている私に、お店の方が「アクアパッツァにしてみたら? アサリは魚と組み合わせるとスッゴクおいしくなるわよ」と、ちょっと小ぶりの真鯛をすすめてくれました。ゴクリ! あたしがアクアパッツァを?あたしが自分で作れるというの?

お店のおねえさんは、「簡単、簡単、いっしょに蒸し煮するだけ。よかったら、鯛を3枚におろしてあげる。アサリが大きいから見映えするわよ~」。

天然ものの真鯛が1尾500円(税込)!「ぜひ、お願いします」。

 

写真(08)(本文用)

 

すぐに大将が、ウロコを取ってくれました。頭や骨も袋につめてくれます。「築地魚河岸」で営業する店舗の素敵なところは、調理しやすいようにと、その場でさばいてくれるところ。アクアパッツァには魚まるごとがカッコイイけれど、あたしは初心者。ていねいな三枚おろしに大感激。

 

このお店では、青柳など殻付き貝のむき身サービスはもちろん、御造りなどの注文も受けてくれます。御造りは仕立てが美しいと評判。こんど、大きなお皿を持参してオーダーしたいです。

 

100円玉と比べて。今年のアサリは、さらにデカイ!(近所のスーパーのアサリとも比べてみました。右上の1個がそれです。ぜ~んぜんちがう!)

100円玉と比べて。今年のアサリは、さらにデカイ!(近所のスーパーのアサリとも比べてみました。右上の1個がそれです。ぜ~んぜんちがう!)

 

 

アクアパッツァに初挑戦! イタリア料理店で、おいしさに感動しながら、涙目で食べてきた大好物のメニューです。プロにしか出来ないのかと思ってました。

……今日は、心してアサリの砂抜きを。「水500mlに対して、大さじ1の塩を混ぜて、平たい容器に入れて置く」と、教えてもらいました。でも、処理されていて、ほとんど砂ナシ。

 

写真(10)(本文用)

 

作り方を検索してみて驚きました。「アクアパッツァ」って魚介類を蒸し煮するだけの、超カンタン料理だったのです。ドライトマトを使うとかムール貝がよいとか、小難しい材料はヌキにして、買ってきた真鯛とアサリ、そしてニンニクやプチトマトなど日ごろからウチにある材料を鍋に投入!味付けは塩・胡椒だけ!

(きっと本格的な作り方はございましょうが)家飲み用安ワインを注いで蒸し煮したら、あらら奥さん、10分とはかからずに出来上がり~っ!

 

見た目もゴウジャズな我が家のアクアパッツァ。真鯛=500円+大粒アサリ=約300g600円・税込!の最強コスパ(今回のアサリの量は、ありがたくもオマケしてくださったのだと思います)

見た目もゴウジャズな我が家のアクアパッツァ。真鯛=500円+大粒アサリ=約300g600円・税込!の最強コスパ(今回のアサリの量は、ありがたくもオマケしてくださったのだと思います)

 

 

……自慢してもいいですか? どんなレストランにも負けないほどの味わいだと思いました。ふっくらとした白身の魚に、濃厚なアサリのスープがジュワッとしみて、もうワインがすすむ、すすむ~。踊り出したくなるようなうまさは、すべて築地の新鮮な材料のおかげです! この春、うちに遊びにきたら、アクアパッツァでおもてなししますよ。(おしまい)

Text : miho

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ