• レビュー
  • 2016/11/4 05:00:29

築地「場外」市場はのこります(Report 24)『先輩マダムおすすめ! 上海蟹よりおいしいモクズガニって!?』

本日も、大好物のイクラを求めて、全国からご当地モノが集まる場外の施設「築地にっぽん漁港市場」へ。

すると、店先に数名の主婦がうずくまってます。

なになぁに? のぞきこむと、小ぶりの蟹を自分じぶんで、真剣に選り分けています。

「それ、なんですか?」

「モクズガニよ~。めったにあるものじゃないから、すぐ買わなくちゃ。上海蟹よりおいしいのよ!」

パワフルな築地マダムにすすめられて、未知のモズクガニとの遭遇……買ってみました。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f01%ef%bc%88%e6%9c%ac%e6%96%87%e7%94%a8%ef%bc%89

 

マダムたちが、しゃがみこんでいたのは、前回のルポで生筋子を買うために通った「新潟中央水産市場」(築地4‐16‐2)。観光案内所のそばにあって、本日も大にぎわいです。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f02%ef%bc%88%e6%9c%ac%e6%96%87%e7%94%a8%ef%bc%89

 

日本海・新潟は、待ってました、のカニの季節!

プロの買い出しが終わったころの、午前9時過ぎに行ってみました。まだ陳列棚には、いろんな種類のエビやカニが残っています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f03%ef%bc%88%e6%9c%ac%e6%96%87%e7%94%a8%ef%bc%89

 

ん? 棚台のフチには、選り分けられたモクズガニが一列に……。

「あのう、こんなにたくさん食べるのですか?」

手を休めないマダムのお一人に、また訪ねました。

「食べられるところは、わずかなのよ。とくにね、卵がたまらないの~。一口でなくなっちゃうから、卵がたっぷり入っていそうなのを選んでいるのよ。ひとつふたつじゃあ、ものたりないもの」

くわしく教えてくださるマダムに、うれしくなって

「そんなに、おいしいんですか?」とワタシ。となりにしゃがみこみました。

 

お店の人と交渉するマダムな皆さま。脚がもげて、本来の8本より少ないカニは、なんと半額で……の交渉が成りっておりました(さすが!)

お店の人と交渉するマダムな皆さま。脚がもげて、本来の8本より少ないカニは、なんと半額で……の交渉が成りっておりました(さすが!)

 

こちらが本日の主役「モクズガニ」上海蟹の同族異種。おんなじ仲間なんですって! ふだんは川に棲息していて、この時期は卵を産むために河口までやってくるそうです

こちらが本日の主役「モクズガニ」。上海蟹の同族異種。おんなじ仲間なんですって!
ふだんは川に棲息していて、この時期は卵を産むために河口までやってくるそうです

 

 

「どうやって、調理するんですか?」

マダムは、選ぶ手を止めて

「赤くなってるでしょう。茹でてあるの。このまま食べられるのよ」

「えー、このまんま!?」

 

……だったら、買おうかなと、思った私に、親切なマダムったら、わざわざ近くの案内所のベンチに腰をかけて「おいしいモクズガニ」について教えてくださいました。

 

甲羅の大きさは5cmほど。ハサミの先には藻のようなおヒゲがワシャワシャ。おすすめされなかったら購入したかどうか……

甲羅の大きさは5cmほど。ハサミの先には藻のようなおヒゲがワシャワシャ。おすすめされなかったら購入したかどうか……

 

 

マダムは築地のご近所住まい。保育園にお孫さんを送った帰りに、場外市場に立ち寄って、家族の食事の買い物をするそうです。

「冬の上海に、蟹を食べに行ったこともあるのよ。すごーく高いの。モズクガニくらい小さいのでも、もうビックリする値段よー。こっちのほうが、おいしいわ」。

 

「場外って、何に出あうかわからないでしょう。もう、楽しくって~」の先輩マダムの、このひとことにキューン!

 

お互い名のりもせずに別れました。でも、すぐに、ココ場外市場でお会いできそうな気がします。

 

【生まれて初めてモクズガニにトラーイ!】

(先輩のおっしゃるとおりに)

 

%e5%86%99%e7%9c%9f07%ef%bc%88%e6%9c%ac%e6%96%87%e7%94%a8%ef%bc%89

 

マダム曰く「あ~ら、このまま食べるのが心配なの? だったら強火で少しだけ蒸すといいわ。火を通しすぎちゃダメよ」。

ちょっと蒸してみました。

 

食卓にどんっ

食卓にどんっ

 

 

やはり、ちょっとたじろぐ家の人たち……。

 

マダムは、ひとり3、4個はペロリ、と申しておりましたが、ためしに買ったのは1000円分5杯。お店の方が足の本数が足りないのをもう1杯、オマケでつけてくれました。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f09%ef%bc%88%e6%9c%ac%e6%96%87%e7%94%a8%ef%bc%89

 

甲羅を開けると、ほうら黄色いおミソがいっぱい! そのむこうのオレンジ色の粒つぶは、マダムいち押しの卵です!

 

%e5%86%99%e7%9c%9f10%ef%bc%88%e6%9c%ac%e6%96%87%e7%94%a8%ef%bc%89

 

マダム曰く「おミソと卵はご飯に混ぜてみて。最高よ」。

はい、ウニとかイクラとかカンジャンケジャンとか、まったり系の魚介類に目がないわたしには、サイコー!

この濃厚な海鮮のコクは「白めし何杯でもいく~」の、わたしストライクな味わい!

先輩~教えてくれて、ありがとう!

 

%e5%86%99%e7%9c%9f11%ef%bc%88%e6%9c%ac%e6%96%87%e7%94%a8%ef%bc%89

 

はぐはぐ、ほじほじ、ご飯つめつめ……カニを食べる作業に、しばらく食卓がおしだまりました。

シ~ン。新潟の温泉宿に来てる気分!

 

「何に出あうか、わからない」築地の場外での買い物って楽しい、ネ、先輩!

 

%e5%86%99%e7%9c%9f12%ef%bc%88%e6%9c%ac%e6%96%87%e7%94%a8%ef%bc%89

 

マダム曰く「脚から、またいいお出汁が出るのよ~」。

はい、大根とともに煮込んで、お味噌汁に~。

海鮮風味ながら、わりとアッサリとしたお味噌汁、うまうまでーす。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f13%ef%bc%88%e6%9c%ac%e6%96%87%e7%94%a8%ef%bc%89

 

さらにマダム曰く「甲羅にぬる燗を。ぜひぜひ~」。

ええ、ぬる燗にぴったりのお酒を用意しましたとも!

 

%e5%86%99%e7%9c%9f14%ef%bc%88%e6%9c%ac%e6%96%87%e7%94%a8%ef%bc%89

 

とっとっと…ひと口で飲んで、残ったミソもトゥルルーンとすすって。

たまりませんなぁ~。これが、一番ウケたかも……うちでは。

 

さぁて、上海蟹よりも、おいしかったかどうか……?

じつは、わたし、上海蟹って食べたこと、ありませんでした。(おしまい)

Text : miho

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ