• レビュー
  • 2016/6/14 05:00:12

【warmerwarmerの本棚からvol.8】オススメの絵本を。

絵本の本棚シリーズ、第3回目となりました。

 

柿に、りんごに、ブルーベリー!

ひとつの果物に、ひとつのお話、をテーマに選んだ3冊です。

 

ehon_1(本文用)

 

二ほんのかきのき

作・絵 熊谷元一

 

1968年に発行された絵本です。

けんちゃんのうちには、桃の木が1本と、柿の木が2本あります。背の高い方がしぶがき、低い方はあまがき、です。

1月のならわし、桃の花咲く4月のままごとあそび、6月には柿の木にも小さな花がやっと咲きます。花のあとの小さな青い実をとって遊んで、10月になると木からあまがきをちぎって食べます。よその子が勝手に柿を食べてしまうのですが、あまがきではなく、しぶがきを食べてしまって、ぷはっ!と吐き出してしまうのですが、その顔が絶妙です。

近所のひとたちと集まって、しぶがきの仕事をして、としのくれに、雪が降って。柿の木の上には、ひとつだけ、柿を残してありました。これは来年もよく実りますように、という願いをこめた、「きまもり」だそう。

1年を通じて、季節の暮らしごとを、日本の果物、柿をとおして教えてくれる1冊です。今となっては、心から誇らしく、そしてうらやましい、時間の流れを感じることができます。

 

ehon_2(本文用)

 

ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん

作・絵 エルサ・ベスコフ

訳 おのでらゆりこ

 

この絵本はとにかく絵がかわいい。先ほど紹介した「二ほんの柿の木」とは対照的なファンタジー!

1977年に発行。

 

小さい頃、自分がもしも妖精のように小さくなったのなら。一度は誰でも想像するのかな。笹の葉の舟に乗って、時々出逢う、心優しい動物たちと一緒に、川をくだって、知らない世界へ行ってみたい。私は小さい頃、今よりずっと虫が苦手でした。苦手だけど、その虫たちは、本当は優しいはず!でもどうして私は苦手なんだろう?と思っていたので、ファンタジーの世界で出逢う動物たちとは友達なのです(笑)

そして、森の中で、お菓子の家をたてます。チョコレートは苦手だったので、クッキーだけで作ろうと決めていました。

そんな、ことを、ふと、思い出させてくれた、絵本です。

 

お母さんのお誕生日に、ブルーベリーとこけももをプレゼントしたいプッテ。森へ探しに出かけたのですが、なかなかみつからず。そこででったのが、こびとのおじいさんで、実はブルーベリーのおうさまだったのです!おうさまは、プッテの体を小さくして、ブルーベリーのもりへ連れていってくれます。そのもりで、出逢ったともだち、こけもものおかあさん、動物たち。たくさん遊んで、たくさん食べて、愉しすぎる時間はあっという間に過ぎて。とうとうおうちに帰る時間になりました。残念な気持ちを持ちながらも、家路へむかい。

気づくと、もとの体にもどっていたプッテ。かごには、たくさんの、ブルーベリーとこけもも!

 

いつか、子どもに読みきかせて(しつこく)早くプレゼントがもらいたいです。

どんなプレゼントをくれるのでしょうか。

 

ehon_3(本文用)

 

りんご畑の12か月

絵 中武ひでみつ

文 松本猛

 

表紙をめくると。

 

「ぼくはやすおじちゃんが

つくるりんごは

せかいいち

おいしいとおもいます

どうしたら あんなに

おいしいりんごが

つくれるのですか

おいしい

おいしい

おいしい」

 

1通の手紙が、あります。

だいちゃんが、書いた手紙のお返事をとおして、やすおじちゃんはりんごの成長を伝えていきます。古くなった林檎の木のつぎきの仕方や、根っこをまもるために金網でできたカゴをいれる、など、大人もへぇ!と驚くようなことが、わかりやすく書いてあります。かっぱを着て作業するのは大変だけど、大きな虹をみれたこと、草刈りは大変だけど、夜空の星をいつまででも見れること、風のつよい日は、いつもよりたくさん、林檎に声をかけること。そんなお手紙を1年間、だいちゃんへ送ります。

そして、りんごの収穫時期の11月、だいちゃん、と、だいちゃんのおかあさんを収穫のお手伝いにさそいます。

 

絵本の最後には、もっとたくさんのお手紙がまとめてのっていました。これは、やすさんから、だいちゃんのお母様へのお手紙。りんごのこと以外にも、大変な苦労をされてること、季節の仕事のこと、そして、美しい自然ある日々のこと。だいちゃんにあてた手紙を最初に読んで、この絵本に心が寄り添う中、お母さんへの手紙を読むと、ぐっと、その世界に惹きこまれてしまいます。

 

松本猛さんは、絵本・美術評論家、作家、絵本学会会長、であるとともに、安曇野にある、ちひろ美術館を設立した方です。

Text : warmerwarmer

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ