• レビュー
  • 2016/6/3 05:00:02

築地「場外」市場はのこります(Report 2)『フレッシュザーサイは翡翠(ひすい)色』

築地「場外」は11月以降も移転しませんよ。今日も自転車で築地場外市場(東京都中央区)へ。市場ファンの主婦目線でホットな情報を発信します。

 

写真01(本文用)

フレッシュです!グリーンです。ザーサイの浅漬けなんです。炊き立てご飯の上にのっけて、お好みでゴマ油を数滴。薄~い塩加減とほんのりとしたピリ辛さが絶妙。それだけで、なんぼでもいけます!

シャキシャキかみしめたとき、ご飯とあいまったとき、直後にお茶をいただいたとき……その都度、口の中に広がるザーサイの新しいおいしさ。塩味控えめだから、なんぼでもいけます。宝石のような半透明の美しさをご覧あれ! さわやかな初夏にぴったりの浅漬けです。

写真02(本文用)

これが「フレッシュザーサイの浅漬け」。コロンとした根の部分です。まずは薄く切って、そのままパリリと。冷ややっこにのせたり、チャーハンにも。

ザーサイを生のままで浅漬けに。思いつきもしませんでした。でも、「築地の場外で、おいしいものなーに?」に、いの一番で上げる人が多い、知る人ぞ知る逸品です。

写真03(本文用)

ザーサイといえば……よく使うのは、ご存じ瓶詰めのコレ(写真右)ですね。炒めて味付けしてあるそうです。

写真04(本文用)

「100均」(100円均一ショップ)の「ミニミニスライサー」で薄く切ってご飯にオン! このミニ×2スライサーは、サラダに使う玉ねぎの薄切りや、少量のニンニク・ショウガを鍋の上でスライスして直接加えるときなど、我が家では連日大活躍しています。3年以上使っているのに、切れ味変わらぬ優れモノ!

 

写真05(本文用)

ご紹介が遅れましたが「フレッシュザーサイの浅漬け」をGETしたのは、にぎやかな築地西通りにある漬け物専門店「中川屋」(築地4‐8‐5)。昭和19年創業の老舗です。お昼ごろには店じまいするので、お早めに。

写真06(本文用)

全国各地の選りすぐりの漬け物がズラリ。素材のおいしさを生かした浅漬けを中心に、ぬか漬け、粕漬け、酢漬け……なんと約250種類も!どれにしましょう? ちょっぴりでも量り売りOK。厚めのビニール袋で二重パッキング。持ち運びのにおいもヘッチャラです。

 

写真07(本文用)

こちらが今日の戦利品。「今だけのもの、なんですか?」と、ご主人に聞いたら「いろいろあるけどね」と、宮崎から来た「カボチャのたまり漬け」(写真中央)が夏限定とのこと。かわいいクリームイエローに即キュン買い。こぶしくらいの大きさ半割り1個で500円(量り売り)。写真左は、赤+グリーンの大好きな色合いに衝動買いした「姫大根の浅漬け」(福井産)(250gパック 650円)。「フレッシュザーサイの浅漬け」は500円也(250gパック)。※各税別

 

 

写真08(本文用)

目にも鮮やかな漬け物たち。これに熱いお茶と大福が1個あれば、何時間でもしゃべっていられそう! カボチャはパリポリ、食感が楽しい。「それ、珍しいネ」って、ますます話が弾むはず。お茶会といえば、スイーツが定番だけど、今度は〝漬け物女子会〟開催決定です!

 

写真09(本文用)

見てみて~! 姫大根は、小指くらいの赤いミニボディにライトグリーンの葉っぱがチョコン。野菜の色をよりいっそう鮮やかにしてキープする漬け物を考えた人は天才! ごくごく薄塩なのでくせがなく、お店のご主人は「サラダ感覚で食べて!」って。軽やかな辛味としょっぱさがお茶によし、お酒にもよし。パーティー料理のアクセントに漬け物っていうのも、盛り上がりそう♪

 

 

写真10(本文用)

<今日のおまけ>

早起きは三文の徳。新大橋通りに面した薄利多売がモットーの八百屋「内野商店」は近隣主婦の強い味方。ひょいとのぞいたら、ひとかかえもあるセロリが、なんと150円(税込みよ!)。ごったがえす店内できっちりと小銭で払って「袋、いりません」。だって、大きすぎて入りそうにないもん。花束みたいに前にかかえて歩いていたら、あの独特の緑の匂いが鼻(!)いっぱいに。魚河岸での買い物というよりは、思わず気分はマルシェ。「コマンタレブー」とか、あいさつしそうになりながら(…してませんよ)、もんぜき通りを闊歩いたしました。

 

 

写真11(本文用)

かかえて歩いたセロリ。葉はちょっと堅そうなので、揚げ物やキンピラに。茎も少し筋張ってるので浅漬けに……のわけ、ありません。餅は餅屋に、漬け物は漬け物屋に!

 

 

写真12(本文用)

<もひとつ、おまけ>

築地場外にある「波除稲荷神社」の大祭「つきじ獅子祭」は6月10日(金)-12日(日)。12日には、大きなお歯黒獅子が築地の街中を練り歩きます。(おしまい)

Text : miho

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ