• 活動レポート
  • 2017/4/4 05:00:02

warmerwarmerの台湾旅行記2017 Vol.1 桃園空港〜台北へ 新しいMRTへ乗りました!

昨年の6月。

台北で野菜の写真展「Piece Seed Project」を開催しました。

 

Piece Seed Project 写真展 at 品墨良行 台湾 vol.1

 

その時に、台湾のいくつかのギャラリーから「写真展を開催して欲しい」とのありがたいオファーをいただき。いくつかお声がかかりましたので!

まずはその会場の方にお会いしたい(いうことにして)3日間、台北〜台中へ行って来ました。アテンドしてくれたのは、Piece Seed Projectでも写真を撮ってくれている台湾出身のジェニーさんです!

ですから、地元の方しか知らないような、ちょっとした小話なんかをおりまぜながら、その旅の記録をお届けしたいと思います。

 

taiwan_1(本文用)

 

到着した日は、3月6日。

羽田空港を朝5:50発の飛行機で出発です。台湾・桃園空港にはその日の朝9:00頃に到着。その日の、朝から夜まで活動できるなんて!!なんて有意義なんでしょう。

この時期の台湾は、暑くもなく寒くもなく。ただ、日中と夜の気温差はありましたのでジャケットやスカーフは必須でした。

 

まず、桃園空港から台北駅を目指します。

前回はバスで台北市内まで向かったのですが、今回は今年の3月に開通したMRTに乗ってみました。この時期はなんとキャンペーン中です。通常160元ですが、半額の80元で乗ることができました。日本円にすると、ざっと240円ほど。です。

 

乗り場はどこだろう?とキョロキョロしていると、きっと、これ。そうだ、これ。「桃園機場線 Taoyuan Airport MRT」

 

taiwan_2(本文用)taiwan_3(本文用)taiwan_4(本文用)

 

友人曰く、台湾の駅構内の案内図や看板というのはとても見づらい!と。現地の人が迷ったりもするほどなんだそう。ですから、少し不安もありましたが、この通り、わかりやすい表示が定期的にあって、安心、安心。

 

taiwan_5(本文用)

 

さて、チケット売り場に到着しました。中国語だと全然わからない!なに?どこを押したらいいの!?と思っていたらまわりの方々が、ささっと助け舟を出してくださり。ありがとうございます!そもそも、そんなに難しいわけではないんです。手馴れているはずのタッチパネル操作、です。ただ、中国語がどーんと出てくると、それだけで怖気ついてしまうというか、、、

 

台湾の方は本当に親切で。

どれだけ親切にされたか、というのは後々のレポートでも時おり書かせていただきますが、そのスマートな優しさにぐっときます。

私たちも日本で困っていそうな方がいらしたら、それは日本人、外国人問わずですけど、手を差し伸べたいなって。前回、台湾に来た時にもそう思いましたので、やっぱり、ここはそういう優しさに溢れている国なんだなぁと。

 

そして、チケットを購入すると、カラン、と、紫色のコインが。

 

taiwan_6(本文用)

 

日本だと馴染みがありませんけど、この紫色のコインを改札機にタッチします。降りる時には、コインを入れる場所がありますのでそこへ投入。

台湾では、紙のチケットの場合もあるのですが、その場合は、回収はせずに改札機に通すだけ、の仕組みです。

 

taiwan_7(本文用)

 

テーマカラーは、紫!

 

taiwan_8(本文用)

 

車内へ乗ると、もちろん新しいので乗り心地も抜群!

なによりも、なんだか、すごく安心感が!バスやタクシーですと、どことなく不安が残るのですが、このMRTは快適です。

しかも、wifiがとんでいて、車内でも快適に30分、無料で使うことができました。

急行に乗ったので、あっという間に台北駅へ!

 

前回までは、なんとなく、桃園空港と台北市内が遠い、とか、ちょっと不便、とか、松山空港の方がいいな、とか、そんなことを感じていたのですが、このMRTのおかげで、ぐっと、市内が近づいたーと感じました!

Text : warmerwarmer

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ