• 活動レポート
  • 2016/7/9 05:00:44

食いしん坊ばんざい。台湾 レポートvol.5

私たち、warmerwarmerが撮り続けてきた、古来から続いている野菜たちの写真展を、6/3〜8まで、台湾台北の品墨良行で開催させていただきました。

そのレポートです!

 

前日までバタバタとしていたこともあり、なかなか行きたいところをピックアップもできないまま、出発したのですが、台湾へ着くとアテンドしてくださる方や教えてくださる方々がいらっしゃって。街を歩けば「おいいしもの食べた?」と日本語で話かけてくださったり。いたせり、つくせり、の、時間。雨も降りましたし、気温も湿度も高かったけれど、気持ちよく過ごせたことしか思い出せません。

 

今回は、食いしん坊ばんざい、編。

 

日本人が台湾へ出向く時に、必ずといっていいほど!皆さんがむかわれるレストランへ、私たちももちろん、行きました。

ウェイルー「圍爐」です。

 

1_nabe(本文用)

 

酸菜白肉火鍋、中国の東北地域の郷土料理。ざっくり言うと、乳酸発酵させた白菜がたっぷりはいって、あとはたっぷりとお肉や野菜、つみれなどを入れていきます。そして、なんといっても煙突が高い?この鍋が特徴的。全体的に日本人の口にあう、まろやかな味付けです。

 

2_nabe(本文用)

 

店員さんが持ってきてくださった、小菜。好きな物を選んでいただきます。

おなかいっぱいになるので、このへんで、、、とかできなかったですね。たくさん、頼んでしまいました。

 

3_nabe(本文用)

4_nabe(本文用)

 

鍋があたたまったら、たくさんの具材をいれていきます。

 

5_nabe(本文用)

6_nabe(本文用)

 

そして、愉しいのはここ!

レストランの一角に、調味料コーナーが。芝麻醤(胡麻ペースト)、豆腐乳、 香油、辣油、蝦油、醤油、酢、韮菜醤油、酒、生姜、大蒜(にんにく)などなど、15種ほどの調味料から自分好みの味を調合して、タレをつくっていきます。とはいえ、私たちは初めてきたので、お店の方に作っていただきました。少なくなったところで、自分たちでつくってみましたよ。

 

7_nabe(本文用)

 

レストランはほとんどが円卓。

 

8_nabe(本文用)

9_nabe(本文用)

 

こちらは、台湾の人が朝食やおやつでいただく中華風のパン。この中に、白菜や具材をいれて、いただきます。

こちらのお店は、旅行本では必ず紹介されているレストランです。日本の方もたくさんいかれますのでメニューもわかりやすく、知人のおうちにお呼ばれしたような安心感がありました。なにより、清潔なのもちょっとよかった。

 

10_shoron(本文用)

11_shoron(本文用)

12_shoron(本文用)

 

こちらは朝ごはんと甘いおやつを食べにいく、途中にたちよった小さなお店です。台湾は暑く、湿気も高く、雨もよく降るのですが、ちょこちょこと、立ち寄れるお店があるので雨宿りがてら入ることもしばしばありました。

 

13_imo(本文用)

 

芋餅に、

 

14_kakigoori_1(本文用)

 

タロ芋や豆類がたっぷりのったかき氷。

 

15_kakigoori_2(本文用)

 

ミルク氷+マンゴー+練乳、のかき氷もいただきました。こちらは、夜ごはんをいただいたあとのデザートとして。テイクアウトして近くの公園でいただきました。20時頃だったのですけど、公園では夜の時間を楽しむ人たちが沢山いました。私たちは、というと、あまいあまい、マンゴーかき氷を食べながら、写真展のこと、市場のこと、台湾の食事状のこと、話していました。

なんだか、とても、気持ちのよい時間でした。

Text : warmerwarmer

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ