• 活動レポート
  • 2016/7/5 05:00:13

台湾の朝市へ。雙連朝市(シュワンリエンチャオシー)台湾 レポートvol.4

私たち、warmerwarmerが撮り続けてきた、古来から続いている野菜たちの写真展を、6/3〜8まで、台湾台北の品墨良行で開催させていただきました。

そのレポートです!

 

前回は、プロの方々が行く市場のことをお伝えしましたが、今回は、朝市編!

MRT雙連駅すぐにある、赤い提灯が目印の雙連朝市(シュワンリエンチャオシー)へ行ってきました。

 

market_1(本文用)

 

MRT雙連駅を降りて、地上にあがってみるともうすでに朝市がはじまっていました。午前6時すぎくらいからお店の準備がはじまって、8時頃にはもう賑やかに。300メートルほどの1本道。きれいな芝生の広場が隣接しているので、カットフルーツや蒸しパンなどを買って、そこでちょっと休んだりして。なんてことない、ほんの10分くらいのことでしたが、台湾の朝市の場面を思い出すときにでてくる風景。

 

market_2(本文用)

market_3(本文用)

 

思っていたよりも細い道!ところせましとお店が並んでいました。台湾の地元の野菜たちもありましたよ。こちらにきてみかけた茄子はすべて細長く紫色のものがメインです。フーロー豆のような細長い豆類もよくみかけます。

 

market_4(本文用)

market_5(本文用)

 

朝市グルメ!今すぐ食べられるおかずが並んでいたり、なつめ、も。

 

market_6(本文用)

 

こちらは巨大蒸しパン!黒糖をつかったものでしたが、ふわふわもちもちしてとても美味しかったです。1カット、15センチ四方で100円もしませんでした。やすい!

 

market_7(本文用)

market_8(本文用)

market_9(本文用)

market_10(本文用)

 

1本道なので歩きやすく、右も左もきょろきょろ。マーケットのちょうど真ん中あたりにさしかかると、

 

market_11(本文用)

 

文昌宮というお寺に。どうやら出世にご利益があると言われているお寺らしい、ということで、もちろん、手をあわせてきました。

 

market_12(本文用)

 

こちらの周辺は、おいしい小吃(軽食)店が数多く存在しています。ガイドブックにはなかなかのっていませんけど、どちらのお店に入っても、きっと美味しいはず!途中、雨が降ってきたので雨宿りも兼ねて私たちも小さなお店で小龍包をいただきました。朝市と一緒に台湾B級グルメ?巡りも愉しい!

 

私たちのような日本人の観光客もちらほらといましたが、印象として地元の方も、日常的にお買い物に来られているような雰囲気。食べ物だけでなく、ありとあらゆる日用品から衣類までありました。街にはスーパーやコンビニもありましたけど、朝市でお買い物をする日常、ちょっと羨ましいですね。

 

そして、どこの市場でもそうですが、お母さんたちがとても元気に働いていました!大きな声でオススメしてくれたり、おまけをくださったり!

 

womam_1(本文用)

womam_2(本文用)

womam_3(本文用)

womam_4(本文用)

 

もちろん、お父さんたちもがんばっていましたけどね!

 

womam_5(本文用)

Text : warmerwarmer

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ