• キッチン
  • 2016/6/28 05:00:32

「不思議の国のアリス」に出てくる料理を作ってみました。

本屋さんで懐かしい本を見つけて、手に取りました。

『アリスの国の不思議なお料理』

『アリスの国の不思議なお料理』

ジョン・フィッシャー著/開高道子訳/河出書房新社刊の『アリスの国の不思議なお料理』と言う本です。かれこれ40年近く前に某大手洋菓子メーカーさんのPR誌の編集をしていた時に、書評で取り上げた本です。昨年2015年は、この本の元となったルイス・キャロルの永遠の名著『不思議の国のアリス』の原作が刊行されてから150周年にあたり、その記念として復刊されたそうです。

当時の書評が手元になく、記憶も定かではありませんが「不思議の国のアリス」そのものが幻想的な児童文学の金字塔で、出てくる料理も一見奇想天外なもので、そこに描かれた料理やお菓子をレシピ化しよう、という発想を面白く思ったこと。翻訳者の開高道子さんが、かの開高健氏のお嬢さんであること。などについて書いた気がします。開高道子さんが私と同い年だったので、その豊かな才能に驚かされたものです。

料理についても幾つかを取り上げ感想を書いた気がします。「作ってみましょう!」と書いた事は覚えていますが、作った記憶はありません(笑)。今回は実際につくってみます。

卵好きの私としては、まずは"卵のココット「やさしいアリス」風"を選びました。

ココット(01)扉(本文用)

レシピは以下のとおりです。

ココット(02)レシピ(本文用)

材料を揃えます。ほうれん草は茹でておきます。卵1個、おろしチーズ、胡椒は黒胡椒を少々。生クリームを大さじ1。ココットの内側にはバターを塗っておきます。

材料は、どこのご家庭でも普通に揃うものばかりです。

材料は、どこのご家庭でも普通に揃うものばかりです。

大きなグラタン皿かココットを使うように指示されていますが、私のような素人が作るので、大失敗を恐れて小さめのココットで挑戦してみます。

ココットの内側にバターを塗ってから卵を割り入れます。

内側にバターを塗ったココットに卵を割り入れます。

内側にバターを塗ったココットに卵を割り入れます。

次にほうれん草のピューレを作ります。レシピには、茹でたほうれん草を"裏ごし"してピューレにする。とありますが、ここは素人らしく、フードプロセッサーのお世話になりました。

ほうれん草のピューレには、フードプロセッサーを使いました。

ほうれん草のピューレには、フードプロセッサーを使いました。

ほうれん草のピューレが出来ました。

ほうれん草のピューレが出来ました。

ほうれん草のピューレを、ココットの卵の上から注ぎ入れます。

卵の上に、ほうれん草のピューレをたっぷりと注ぎ掛けます。

卵の上に、ほうれん草のピューレをたっぷりと注ぎ掛けます。

ほうれん草の上に黒胡椒をひとつまみとおろしチーズをかけます。

黒胡椒をひとつまみ。

黒胡椒をひとつまみ。

チーズの銘柄指定は特になかったので、今回はスペインの"マンチェゴ"をチーズおろしでたっぷりとおろしました。

おろしチーズはたっぷりと。

おろしチーズはたっぷりと。

チーズをかけ終わったら、生クリームを大さじ一杯振りかけます。

生クリームを大さじ一杯。

生クリームを大さじ一杯。

こんな感じで準備完了。いよいよ加熱です。

こんな感じで準備完了。いよいよ加熱です。

オーブンの中で湯煎するよう指示されています。パイロセラムのお皿にお湯を張り、ココットを中央に置き、180℃に加熱したオーブンに入れます。ココットにはアルミホイルでふたをして、8分間加熱します。

180℃のオーブンで湯煎します。

180℃のオーブンで湯煎します。

綺麗に焼きあがりました。なかなかいい感じです。

いい感じです。

いい感じです。

いざ試食!果たして出来栄えは?

試食します。果たして?

試食します。果たして?

最初のひとさじは完璧に思えましたが、卵の黄身がほぼ生でした。

卵の黄身がほぼ生でした。これはこれで、と負け惜しみ(笑)。

卵の黄身がほぼ生でした。これはこれで、と負け惜しみ(笑)。

もう少し加熱時間を延ばすか?オーブンの温度を上げるか?何れにせよ一工夫が必要ですね。

ただし、味の方は結構いける美味しさで、きちんとしたレシピである事がわかります。ほうれん草の青臭さはほとんど感じられません。これなら、子供たちもアリスの優しさに包まれて平らげてくれそうです。ごちそうさまです。

次回はまた違うレシピを試してみたくなりました。

Text : tohru

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ