• キッチン
  • 2014/4/4 05:00:04

料理も「ポチッ」とプリントアウトする時代!?家庭用料理3DプリンタがKICKSTARTERに登場

クリス・アンダーソン著『メイカース(MAKERS)』(NHK出版2010)は、CADと3Dプリンタの発展と普及によって誰でも簡単にモノを作り出すことができるようになる21世紀の産業革命の到来を予測しています。その波が食べ物にも広がりつつあるようです。先月、クラウドファウンディングのKICKSTARTERに掲載されたのは、家庭向けの料理3Dプリンタです。

foodini

AppleかBROUNの製品かとみまごう外観。これが料理の3Dプリンタ

FOODINIと呼ばれる料理プリンタは、専用カプセルに食品を充填してプリンタにセットしたら、あとはコンピュータにまかせてプリントアウトする仕組みです。以下はピザがプリントアウトされる様子のムービーです。

FOODINIを開発しているのは、スペインはバルセロナにあるNatural Machines。
Natural Machinesによれば、FOODINIを使うと料理づくりの反復作業を軽減させることができたり、食品アレルギーへの対応や、(市販の加工食品に使われることにある)食品添加物に頼らない新鮮な食材から手軽に料理を作ることができるようになります。

出力できる料理はパスタやピザやバーガー、クラッカーやクッキーなど。この辺まだまだ発展の余地がありそうですが、一方で3Dプリンタならではの高い精度で出力できるので特徴的な形状の料理がプリントアウトできそうです。ユニークな形状が出力できるという点では、レストランやカフェなどで引き合いが強いのではないかと感じました。

811ac0232f93f219c1cf4eab3f96f67c_large

シンプルなアイディアですが、下の写真のように一本のながーーーいスパゲティを印刷することも可能なんですね。

1393500443-4226

このFOODINIですが、KICKSTARTERで4/26の12時まで参加を受け付けているとのこと。999ドルで入手可能とのことです。実売になったら1300ドルでの販売を予定しているそうですよ。

参考サイト:

Designed for Healthy Eating: Foodini – a 3D Food Printer
https://www.kickstarter.com/projects/456763017/designed-for-healthy-eating-foodini-a-3d-food-prin

Text : motokiyo

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ