• キッチン
  • 2014/2/3 05:00:11

魚焼きグリルの謎〜調理用語の使い方〜

魚焼きグリルでピザが焼ける、という調理器具が人気だそうです。

ところでこの「グリル」というのはどんな調理法でしょうか。「牛肉のグリル」とか「魚のグリル」とよく聞く呼び方ではありますが、ちゃんと説明できます?

グリルというのは下からの直火で焼く調理法を指します。ですから焼き肉もグリルですし、バーベキューもグリルです。直火、というのがポイントで、高温で焼かれるので、香ばしくおいしい香りがつくのです。

では、下側からではなく上からの直火で焼く調理法をなんというのでしょうか。正解は「ブロイル」らしいです。ところで魚焼きグリルの火って上側についていますよね? だからあれは「魚焼きグリル」ではなく、本来はブロイルと呼ぶのが正しいのでしょうか、、、真偽のほどは不明です。

元々、ブロイルには「直火で炙る」という意味があるそうです。そのため、グリルとブロイルは同じような意味で混在している状況のよう。ブロイルは、あまり聞かない調理法ですが。身近な調理器具としてトースターがあります。

ところがパンは「ブロイル」するではなく、やっぱり「トースト」する、と言います。こんがりと焦げ目をつけて、カリッとさせる、というニュアンスがつきます。

スクリーンショット 2014-02-02 11.35.12

トースターはオーブンの影に隠れていますが、実はとても便利な調理器具。

NYの三つ星シェフ、Eric Ripertも愛用者の一人。以下の動画で簡単な調理が紹介されています。

トマトのプロヴァンス風香草焼き

ガーリック風味の海老

パンを焼くだけではなく、様々な調理にも使えるトースター。色々な料理に試してみると良さそうですね。

 

Text : naoya

tag :

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ