• レビュー健康
  • 2017/3/8 05:00:39

「あなたの脂肪が地球を救う」がアプリになった。メタボランティアの新サービス

「あなたの脂肪が地球を救う」をコンセプトに持続可能な社会を目指すメタボランティアのWebサービスについて以前ご紹介しましたが、この度、あらたに新サービスがリリースして先行会員を募集しているようなのでご紹介。春から一新、ダイエットを成功させるぞと燃えている方は、燃焼された脂肪が社会貢献にもなるのでこの機会にぜひご参加を。

その名も「脂肪を燃やして寄付するアプリ『Charity Diet(チャリティー・ダイエット)』」。

cd_cover3-thumb-640x263-1563

「Charity Diet」は、運動エネルギー(消費カロリー)を社会貢献活動を行う団体への寄付に変えるスマートフォンアプリです。しかも、利用者の寄付金のご負担はなし、協賛企業からの協力で日々の消費カロリー応じた寄付金をメタボランティアより寄付するという仕組みです。

1Kcalのダイエットが1円になるなど、基本的なサービス内容はこれまでのメタボランティアのサービスと大きく変わりませんが、企業やグループがイベントなどを実施しなくても、ひとりひとりのスマートフォンのアプリが日々のダイエットに応じて寄付ができるので、参加しやすくて続けられそうですね。

国連WFPによれば、世界の飢餓(飢饉)の地域で子ども一人に1日分の食事を提供するために必要な費用は60円なのだそうです。わずかと思えるダイエットも寄付という点から考えるとすごく役立っていることもあります。

ちなみに(本サービスがカバーしているか未確認ですが)2017年2月に南スーダンの一部で飢きんが発生して緊急支援が必要です。3年続いている内戦のため南スーダンの経済は弱体化、5月から7月にかけて乾季となるため飢きんがさらに悪化し多くの家族が飢餓に追いやられ、家を捨てて難民化する可能性が出てきています。

支援したい社会貢献活動は利用者が選べて、自分の消費カロリー分を自分が応援する団体へ寄付届きます。

charitydiet_image-thumb-640x355-1567

アプリの仕組みはとても簡単で、消費カロリーを取得出来るアプリより消費カロリーデータをヘルスケアアプリを通じてCharity Dietへ送るだけです。

この「Charity Diet」、4月中旬より行うテストの利用者を募集しています。利用や寄付などの料金は発生しません。ダイエットをしたい人にも、社会貢献したい人にも魅力的なサービスですね。

http://www.metavolunteer.com/project/charitydiet/

Text : motokiyo

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ