• 健康
  • 2015/11/18 03:26:09

子どもは甘い飲み物100gを飲むと100g太るというデンマークでの研究結果

英国のシェフ、ジェイミーオリバーが2010年のTED PRIZE受賞の記念講演で食生活を学ぶ機会が乏しい世代の子どもの肥満が深刻だと訴えました。講演中、砂糖のたっぷり入った甘い飲料の影響について説明している箇所がありますが、果たして甘い飲料が子どもの肥満にどのように影響を与えるのでしょうか。2015年11月に発表されたデンマークでの研究では、甘い飲み物100gごとに100g太るという結果でした。

『British Journal of Nutrition』の2015年11月号(114号)に掲載された論文、「Replacing sugary drinks with milk is inversely associated with weight gain among young obesity-predisposed children」によれば以下の通りです。

この研究は、健康的な2から6歳のデンマークの子供たちを対象に、1年半に渡って甘い飲み物と代替飲料(水、ミルク)に置き換えることで甘い飲み物の消費量と体重の増加量の関連を検証しました。

その結果、甘い飲み物の摂取量が1日あたり100g増加すると、体重は0.10kg(p=0.048)増えるという関係が見られ、逆に1日100gの甘い飲み物を1日100gのミルクに置換すると、体重に負の関連(β=-0.16kg、p=0.045)が見られたとのこと。

この研究の結果は、甘い飲み物の消費量は子どもの太りすぎに高い要素として関連していたことを示唆しています。逆に肥満の子どもたちの体重管理に関して牛乳や水は甘い飲み物の代替として有効ということがわかります。

先の講演の中でジェイミーオリバーは、1日2回支給される甘い牛乳を通して子どもは1日にスプーン約8杯の砂糖を与えられ、それが小学校で過ごす5年分積み重なると写真下のような台車一杯分のものすごい量になると訴えています。

20151113_2

ジェイミー・オリバー 「子ども達に食の教育を」 (TED Prize授賞講演)より

日々の運動量や給食以外の食生活全般がどうかなど考慮しなくてはならないことはいろいろあるとはいえ、先の論文に基づいて考えると甘い飲み物の与える子どもへの影響は多大だと思われます。

ジェイミーオリバーの講演の背景には、2010年3~4月に全米ABCネットワークで放送された「Jamie Oliver Food Revolution」があります。アメリカの中でも“最も不健康な街”と呼ばれるウェストバージニア州ハンティントンにジェイミーオリバーが向かい、肥満撲滅プロジェクトに取り組む様子をとらえたこのテレビプログラムは第62回エミー賞でリアリティ・ショー作品賞を受賞します。

番組に登場する肥満に悩む家族、写真右下の男の子は12歳で160kgです。肥満を理由にいじめられているそうです。

20151113_3

ジェイミー・オリバー 「子ども達に食の教育を」 (TED Prize授賞講演)より

また写真下の16歳の女の子は余命6年だそうです。

20151113_4

ジェイミー・オリバー 「子ども達に食の教育を」 (TED Prize授賞講演)より

日本からするとアメリカをはじめとする海外の肥満の問題は対岸の火事のように見えますが、家庭で料理をする機会が減っていることや外食・中食の頻度が高くなっている昨今、もはや遠い話ではないかもしれません。

さてデンマークでの実験についてですが、気になったのは結果はもちろんのこと、実験とはいえ2歳から6歳の子どもに甘い飲み物を与えて太らせてしまうことが倫理的に大丈夫のなのかということでした。


参照

Replacing sugary drinks with milk is inversely associated with weight gain among young obesity-predisposed children(British Journal of Nutrition / Volume 114 / Issue 09 / November 2015, pp 1448-1455)

http://journals.cambridge.org/action/displayAbstract?fromPage=online&aid=10004957&fulltextType=RA&fileId=S0007114515002974

 

Text : motokiyo

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ