• 食事情
  • 2017/4/30 05:00:09

Ashrafさんのご当地ビーグル偏愛録(第48回:愛知県豊橋市)

こんにちは! Ashrafです。

青春18きっぷで東海道本線を旅していると、かなりの高確率で乗り継ぎが発生する、豊橋駅に降り立ちました。当駅での乗り継ぎはホーム移動が発生しますので、自然とコンコースにある駅そば「壷屋」が目に留まります。乗り継ぎがなかなか便利なダイヤですので、一杯食べに寄ると乗り継ぎ便を逃してしまうことになるのですが、そうと分かっていながらも寄らずにはいられなくなるのが私の性分。今回も、ふらふらと吸い寄せられてしまいました。

わずかながらも、椅子席が導入されている

わずかながらも、椅子席が導入されている

この店、現在は3つの飲食店からなる「フードテラス」内にあります。かつては、ラーメン店と一体化した半露天風の店舗だったのですが、2015年12月に全面リニューアルされました。私は旧店舗のノスタルジックな雰囲気が好きだったのですが、これも時代の流れですね。昭和の面影はまったく感じられなくなっています。

ノスタルジックな旧店舗(2012年3月撮影)

ノスタルジックな旧店舗(2012年3月撮影)

「壷屋」といえば、駅弁「いなり寿司」が有名。駅そばでも、すべてのメニューに油揚げ(刻み揚げ)がトッピングされます。これが、「壷屋」の駅そばの最大の特徴になっています。刻み揚げがトッピングされたそばを見て、私は「豊橋に来たなぁ」と実感するのです。そば・うどん・きしめんと3種類の麺を用意しているのも中京圏らしい部分。私はそばを食べることが多いですが、たまに気分転換できしめんを食べたくなります。豊橋はカレーうどんの街でもあるので、「カレーきしめん」もいいですね。もちろん、カレーきしめんにも刻み揚げがサービスされます。

定番の天ぷらそば(2006年12月撮影)

定番の天ぷらそば(2006年12月撮影)

カレーそばは、ご当地グルメ「豊橋カレーうどん」とは作法が異なる(2008年1月撮影)

ご当地グルメ「豊橋カレーうどん」とは作法が異なるカレーそば(2008年1月撮影)

しかし、今日の主役はそば・うどん・きしめんではありません。リニューアルを機にだいぶメニューが増え、その中に「ポンポコラーメン」というものがありましたので、こちらを紹介してみたいと思います。

懐かしい感じのポスターが貼られている

懐かしい感じのポスターが貼られている

ポンポコラーメンは、豊橋市の隣に位置する愛知県豊川市(旧小坂井町)に本社工場がある山本製粉㈱が製造・販売しているインスタントラーメンのブランド。「寿がきや」ほどの知名度はありませんが、「キリンラーメン」と並ぶ愛知県民熱愛のローカル即席ラーメンです。寿がきやが横綱だとしたら、ポンポコラーメンとキリンラーメンが両大関、といったところでしょうか。

「ん? 待てよ。駅そばでインスタントラーメンだと?」

と眉を顰めるでしょうか。しかし、ご安心を。ポンポコラーメンは、一般に流通しているのは乾麺タイプですが、生麺もあるのです。「壷屋」で提供しているのは、もちろん生麺。お客さんの間では乾麺のイメージが強いのでしょうか、券売機のボタンにわざわざ「生」と書き足してあったのが印象的でした。フードテラスの中、「壷屋」の隣にラーメン専門店がある中、わざわざ「壷屋」でポンポコラーメンをいただきます。注文後に麺を茹でるので、提供までに4~5分かかります。

色合いも少し淡いポンポコラーメン

色合いも少し淡いポンポコラーメン。さすがに、刻み揚げはのせない

スープは、あっさり醤油味。鶏ガラがしっかり利いているというものではなく、ふわっとしたやさしいテイストです。少し油が浮いていて、まろやかさも感じます。

麺は、縮れの強い細麺。黄色く、歯ごたえの強い麺です。噛み切るときに「キュッ」と音がします。つゆがよく乗って美味しいととらえるか、麺が絡まりやすく少し歯が軋むような食感があまり好きではないととらえるか、人によって感じ方が違ってきそうです。

上の写真では麺が見えないので、箸上げ

上の写真では麺が見えないので、箸上げ。細いわりに固い麺

トッピングは、シンプルにチャーシュー・メンマ・焼き海苔・カマボコ2枚。このカマボコは、そば・うどん・きしめんにのせているのと同じものでしょう。

どちらかというと薄味のラーメンなので、1杯でがっつりと満足したいという場合には、ちょっと役不足な感じもします。しかし、例えば学校帰りに軽く小腹を満たすとか、飲んだ後の締めの一杯といったシチュエーションでは、このライトなラーメンがとても重宝しそうです。「壷屋」ではちょい飲みもできますので、軽く飲んで、締めにポンポコラーメンを食べれば、すっと腑に落ちて気持ち良く家路につけるのではないでしょうか。がっつり食べたければ、隣にあるラーメン店へ。軽く済ませたい場合には「壷屋」へ。競合する心配は無用かもしれません。

 

☆☆お店データ☆☆

「壷屋」

  •  JR東海道本線ほか豊橋駅在来線改札内
  •  定休日/なし
  •  営業時間/7:00~22:00
  •  主なメニュー/ポンポコラーメン480円、天ぷらそば・うどん・きしめん440円、カレーそば・うどん・きしめん440円、ほろ酔いセット500円

Text : ashraf

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ