• 食事情
  • 2017/2/14 05:00:10

香川県の伝統野菜 万葉(まんば)

香川県の伝統野菜、万葉。

今にも根っこが出てきそうで(出てこないけど)パッと花が咲きそうで(咲かないけど)なんだかとても元気をもらう、葉野菜をご紹介します。

 

manba - 1(本文用)

 

以前、こちらでもご紹介しました。

http://magazine.shokuikuclub.jp/food/20140413_050011/

 

お漬物などにされる、高菜でもあります。香川県内だけで消費されている野菜です。一般的な高菜と比べて、この茎の幅が広く、葉脈の美しさが際立ちます。また、茎や葉は繊維が丈夫なので、細かく切って調理することが多いのですが、この万葉は、火を通すと、広い茎のところも柔らかくなり、子供たちもパクパクといただいたりするのです。

少しだけ料理酒を入れて炒めることで、アクがぬけ甘みも増し、柔らかくなります。

 

manba - 2(本文用)

 

manba - 3(本文用)2

 

高菜そのものは、平安時代に中国から伝わってきました。からし菜の仲間でもあります。

全国各地のその土地土地の気候に寄りそい、姿カタチを変化させながら、今に伝わってきました。

 

manba - 4(本文用)

 

高菜にもいろんな種類があります。万葉のような幅広の茎を持つものもあれば、茎を含め全体的に緑色のもの、葉がもっと縮れているものなど。

お漬物の需要が今よりあった時代は、株を大きく育てることによって、株ごと収穫していました。今は葉や蕾をいただくことの方が多いようです。

 

manba - 5(本文用)

 

写真を見ておわかりのとおり。

どんな言葉を並べようとも、この存在感を説明できないというか。

Text : warmerwarmer

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ