• 食事情
  • 2017/1/15 05:00:38

Ashrafさんのご当地ビーグル偏愛録(第41回:千葉県富津市)

あけましておめでとうございます! Ashrafです。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今回は、千葉県富津市・金谷港と神奈川県横須賀市・久里浜港を結ぶ東京湾フェリーの金谷ターミナルにやって来ました。全国の「駅そば」を研究している私にとっては、フェリーターミナルも研究材料の宝庫。フェリーターミナルは、いわば「フェリーの駅」。ここにも、「駅そば」に類似するスタンド形式のそば店が入っていることが多いのです。

金谷ターミナル(金谷フェリーサービスセンター)は、フェリー乗船券の販売所があるれっきとしたターミナルビルですが、いわゆる「待合所」という感じではありません。館内フロアの大部分を土産物店が占め、多くのお客さんで賑わっています。フェリーに乗る人ばかりでなく、土産物や飲食店を求めて立ち寄る人もたくさんいるのです。大型の観光バスも頻繁に出入りしています。

近隣には、観光客向けの土産物店と昔ながらの波止場食堂が混在している

近隣には、観光客向けの土産物店と昔ながらの波止場食堂が混在している

館内風景。房総の土産物が揃っている

館内風景。房総の土産物が揃っている

目当ての「波留菜亭そば処」は、ターミナルビル1階の一番奥にあります。隣にある正規のレストラン「波留菜亭」に付随する簡易的なそば処で、腰を据えてゆっくり食べている時間がない方などに重宝されています。

目隠しのパーティションがあるだけで、フロアに露出した店舗

目隠しのパーティションがあるだけで、フロアに露出した店舗

椅子席もあるが、立ち食いも可能

椅子席もあるが、立ち食いも可能

簡易的なそば処ですが、各種天ぷらは注文後に揚げています。東京湾らしいものとしては、キス天(60円)・アジ天(60円)・穴子天(300円)があります。一本揚げの穴子天も魅力的なのですが、今回はより手軽に食べ比べられるキス天とアジ天をかけそばにトッピングしてみました。どちらも、都内の立ち食いそば店でも見かけることがある天ぷらですが、両方を扱っていて食べ比べられる店は少数です。注文後に揚げるため、提供までの待ち時間が3分ほど。乗船時間が迫っている場合にはご注意ください。

左がキス天、右がアジ天。そばは冷凍麺、つゆはやや甘め

左がキス天、右がアジ天。そばは冷凍麺、つゆはやや甘め

丼の縁に立てかけるようにして、キス天とアジ天。キス天からいただいてみましょう。キス天はふっくらしていて、歯を軽く当てただけで身がホロホロとほぐれます。臭みがなく淡泊な味わいなので、出汁の香りや塩気と均衡がとれ、丼の中が一体化する味わい。揚げたてだと、こんなにやわらかいんですね。一般的な立ちそば店では揚げ置くことが多く、揚げ置いて少し固くなったキス天も、それはそれで嫌いではありません。しかし、揚げたてにしか演出できない食感があるのも事実。とても美味しい天ぷらでした。これが60円で食べられるなんて、信じられないです。尻尾までやわらかく、全部食べられます。

とても上品なキス天。日本酒に合うだろうな……

とても上品なキス天。日本酒に合うだろうな……

一方のアジ天は、青魚特有の臭みがあります。丼の中での一体感という意味では、キス天に劣ります。しかし、しっかりした歯ごたえと、海らしい香りを楽しむという意味ではこちらもオススメ。キス天よりもだいぶ大きいので、食べごたえもバッチリ。食後に、「あぁ、魚を食べたぁ!」という満足感が得られます。これも、60円という安い価格設定が信じられません。

食べごたえのあるアジ天。尻尾は硬くて食べられない

食べごたえのあるアジ天。尻尾は硬くて食べられない

ビールがあれば、これらの天ぷらを肴に一杯やりたいところです。メニューに酒類がないのは、運転手の利用が多いフェリーターミナルならではでしょう。鉄道旅客の利用が多い「駅そば」とは、少し事情が異なります。

別売店で、ご当地ソフト「びわソフトクリーム」(300円)もありますよ!

別売店には、ご当地ソフト「びわソフトクリーム」(300円)もある

東京湾を渡った先の久里浜港にも、簡易的な食事処があります。こちらも、近いうちに探訪してきますので、報告を楽しみにお待ちください!

 

☆☆お店データ☆☆

「波留菜亭そば処」

  •  JR内房線浜金谷駅歩7分 金谷フェリーサービスセンター内
  •  定休日/なし(欠航時は休み)
  •  営業時間/10:30~17:00
  •  主なメニュー/かけそば380円、まぐろ坦々麺700

Text : ashraf

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ