• 食事情
  • 2016/9/30 05:00:15

Ashrafさんのご当地ビーグル偏愛録(第34回:埼玉県所沢市・その2)

こんにちは! Ashrafです。

プロ野球のペナントレースはそろそろ終わろうかというタイミングですが、球場グルメシリーズ第2弾をお送りします。今回は、埼玉西武ライオンズの本拠地・西武プリンスドームです。個人的には小学生時代から足を運んでいて馴染みのある球場ですが、ドーム球場になってからは2回目。以前とはだいぶ趣が変わっています。ドーム球場といっても、東京ドームのように完全に密閉されているわけではなく、スタンドと屋根の間に吹き抜けがあります。「屋根付き球場」と表現した方がよいかもしれません。

駅歩2分という立地の良さ。関東の主要野球場の中では、抜群のアクセス利便性を誇る

駅歩2分で入場ゲート。関東の主要野球場の中では、抜群のアクセス利便性を誇る

なお、今回はナイトゲームの観戦で場内が薄暗く、あいにくの小雨模様で場内にも霧がかかっていたため、さらに言うとデジカメの性能や私の腕にも問題があり、写真があまりよくありません。あらかじめ、ご了承ください。

飲食物の販売店舗は、スタンドの最上部にズラリと並んでいます。野球場らしくスナックフード類が多い中、テイクアウト可能なうどん店があります。主に埼玉県中西部で店舗を展開する武蔵野うどんの店「竹國」です。昭和29年創業と、歴史のある店。球場内の店舗はスタンド形式であるとはいえ、B級の括りで扱うと怒られてしまうかもしれません。ちなみに、街なかにある店舗ではうどん専門店として営業していますが、球場内の店舗では全メニューそばにも対応しています。そばも球場グルメとは思えない本格的な味わいです。今回は、きつねうどんを注文。いろいろと変わったメニューもありますが、まずはベーシックなものから。なお、武蔵野うどんはもり・ざるやつけ汁スタイルで提供されることが多いものですが、球場内のうどんスタンドでは容器が2つになると持ち運びにくいためでしょうか、かけタイプのうどんが提供されています。

店舗は、1塁側内野(自由席)スタンド上部にある

店舗は、1塁側内野(自由席)スタンド上部にある

使い捨てのスチロール容器で提供

使い捨てのスチロール容器で提供

麺は、極太。太さにだいぶばらつきがあります。讃岐うどんのようなモチモチした食感ではなく、ギュッと締まっていてしっかり噛みしめて食べるタイプのうどんです。食感の印象としては、うどんよりも「すいとん」に近いです。やや甘辛なつゆには深みのある削り節の出汁が利いていて、存在感の強い麺に負けることなく競演しています。そして、きつね揚げ。実は私は、普段はきつねうどん(そば)をあまり食べません。私がよく行く駅そば店では、きつねの味付けが強く、麺やつゆの風味を覆い尽くしてしまうケースが多いためです。しかし「竹國」のきつねは味付けがやさしく、ふっくらしていて食感もやさしく、麺・つゆとしっかり調和していました。

漂白したかのような純白ではなく、やや黄色がかっている

麺は漂白したかのような純白ではなく、やや黄色がかっている

そして、嬉しいサプライズが。きつね揚げの下から、茹でたキャベツがたくさん発掘されたのです。山梨県の郷土うどん「吉田のうどん」を連想しました。そういえば、吉田のうどんも、武蔵野うどんと同様に太く、歯ごたえも強いですね。出汁の味わいと辛み(吉田のうどんは「すりだね」が必須)がちょっと違うものの、関東の海なし県の郷土うどん同士、共通する部分も多そうだと感じました。

キャベツが入ることで、いっそう鍋物に近い印象になる。ますます、「すいとん」が連想される

キャベツが入ると、鍋物に近い印象になる

2015年7月にいただいた、きつねそば。この時にはワカメがトッピングされた

きつねそば(2015年7月撮影)。そばには、キャベツではなくワカメがトッピングされた

西武プリンスドームでは、スタンドで売り子さんが売り歩いているペットボトルのお茶(250円)も、狭山茶になっています。これは、地元・所沢市に自社茶園と製茶工場を有する「新井園本店」のもの。幾度も農林水産大臣賞を受賞し、平成24年にはローマ法王にお茶を献上した、名店です。私はお茶には造詣がありませんので風味について多くを語ることはできませんが、埼玉に生まれた人間としてとてもうれしく思います。売り子さんだけでなく、スタンド上には販売店舗もあります。こちらでは、バニラアイスクリームをトッピングした抹茶フロート(350円)などもいただけます。「野球観戦には、生ビールでしょ」と考える方も多いと思いますが、たまにはしっぽりとお茶を嗜みながら、落ち着いて野球観戦するのも良いのではないでしょうか。

たまには、ノンアルコール野球観戦もよいものだ

ノンアルコール野球観戦だと、試合に集中できる

 

☆☆お店データ☆☆

「竹國」

  •  西武山口線西武球場前駅徒歩2分(西武プリンスドーム球場内)
  •  定休日:イベント開催日のみ営業
  •  営業時間:イベントにより異なる
  •  主なメニュー:きつねうどん520円、いか天うどん570円、カレーうどん730円

Text : ashraf

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ