• 食事情
  • 2016/3/15 05:00:18

Ashrafさんのご当地ビーグル偏愛録(第21回:東京都港区・その2)

こんにちは! Ashrafです。

前回に引き続き、品川駅です。なお、今回は少々「ご当地」という括りから逸脱します。番外編の感覚でお付き合いください。

品川駅のJR線ホームには、4軒の駅そば店があります。山手線ホームの22号店、京浜東北線ホーム大井町寄りの23号店、同ホーム中ほどの24号店、そして横須賀線ホームの26号店です。いずれも、JR東日本リテールネットが管理し、かつての駅弁業者・常盤軒が委託を受けて運営しています。前回紹介した「品川丼」は26号店を除く3店舗で扱っており、同じものを同じ値段で提供しています。同じ業者の店なのだから当たり前だと思うかもしれませんが、実は駅そば店においては、これは当たり前のことではないのです。今回は、そんなお話です。

駅そば店で定番のご飯ものといえば、カレーライスです。そば・うどんとミニカレーをセットにしたメニューを愛好する方も多いでしょう。品川駅の4軒でも、もれなくカレーライスを扱っています。しかし、各店舗のメニュー表や券売機で比べてみると、24号店だけ価格設定が異なっていることが分かります。

23号店の券売機。カレーライスは500円

23号店の券売機。カレーライスは500円

24号店の店頭表示。カレーライスは550円で、23号店より50円高い設定

24号店の店頭表示。カレーライスは550円で、23号店より50円高い設定

食べ比べてみることにしましょう。まずは、23号店のカレーライス。

駅そば店としては美味しい部類のカレー。これはこれで満足できる

駅そば店としては美味しい部類のカレー。これはこれで満足できる

可愛らしい金属製の器に、こんもり盛られた白飯と、なみなみ注がれたカレールゥ。駅そば店らしいと言うべきでしょうか、具材感の乏しいカレーライスです。1センチ角くらいの牛肉がいくらか入っていますが、ほとんど見えない状態です。食べてみると、駅そば店なりに安定した味わいのカレーでした。関東の駅そば店では甘口カレーを使う店が多いのですが、品川のカレーはスパイスもしっかり利いています。期待以上ではないものの期待を大きく裏切ることもありません。ワンコインで手早く食べられるカレーライスとしては、まずまずでしょう。

一方、24号店のカレーがこちら。

ツヤのあるカレールゥが印象的。まろやかだがスパイスも効いている

ツヤのあるカレールゥが印象的。まろやかだがスパイスも効いている

一見すると、最大の違いは器であるように思えるかもしれません。しかし、実際には味わいも大きく異なるのです。ルゥには、大きくカットされた牛肉がゴロゴロと入っています(平皿に盛り付けているのは、牛肉を目立たせたいという狙いであろう)。しっかりと煮込まれてあり、やわらかく食べやすいです。ルゥの色合いが違うのも分かります。23号店のカレーはやや黄色がかっているのに対し、24号店のカレーは赤茶色。とろみも強いように感じます。そして、味わいに深みあり、スパイシーでありながらも丸みが感じられました。器や具材より、ルゥが根本的に違っているのです。ひと言で違いを表現すると、23号店は淡麗な味わい、24号店はまろやかでコクのあるカレーライスです。50円の差が、とてつもなく大きなものに感じられました。

違いの秘密は、仕込みにあります。22・23・26号店で提供するカレーは、セントラルキッチンで仕込んで、各店舗で温めなおして提供しているものです。これに対して24号店では、タマネギを炒めるところから店内で仕込んでいるのです。ホームにある駅そば店としては、これは極めて異例なこと。ホームの駅そば店は厨房が狭いなどの理由から、できることが限られています。生そばを茹でることさえままならないケースが多いものなのです。カレーライスにここまでこだわる店があるんだなぁと、感心させられました。

22・23・24号店は、同じ造りの店舗です。カウンター越しに厨房の隅々まで見渡せるような、小さな店です。カレーの仕込みにはたいへんな時間がかかるため、24号店に立ち寄ると、かなりの高確率でカレーの仕込み作業を見学することができます。初めてタマネギを炒めるシーンを見た時に、私は「え? この店では焼きそばを扱っているの?」と尋ねて恥ずかしい思いをしました。まさかカレーを一から仕込んでいるとは、とうてい発想が及ばなかったのです。

22・23・26号店のカレーがダメだということではありませんが、24号店のカレーは50円上乗せしてでも食べる価値があります。欲を言えば、23号店のような少し深さのある器に盛り付けてほしい(立ち食いだと、特に背の高い人は平皿では食べにくい)ですが。また、そばとのセットメニューを用意してほしいです。店員さんに「セットはないの?」と尋ねると、「向こう(23号店)にあるから、そちらへどうぞ」との返答。いやぁ、23号店と24号店とでは、カレーが違うんですよ。24号店で、セットで食べたいんですよ。24号店の特別なカレーを、もう少しお客さんに強く薦める姿勢で臨んだ方がいいのではないかと感じました。

 

☆☆お店データ☆☆

「品川23号そば店」

  • JR山手線ほか品川駅3・4番ホーム大井町寄り
  • 定休日:なし
  • 営業時間:6:00~22:30(土日祝は6:30~21:00)
  • 主なメニュー:カレーライス500円、品川丼470円、かき揚げそば440円

「品川24号そば店」

  • JR山手線ほか品川駅3・4番ホーム中ほど
  • 定休日:なし
  • 営業時間:6:00~23:00(土日祝は6:30~22:30)
  • 主なメニュー:カレーライス550円、品川丼470円、かき揚げそば440円

 

Text : ashraf

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ