• 食事情
  • 2014/9/30 05:00:12

warmerwarmerのお野菜セットの今!端境期ならではのラインナップ。

今日はwarmerwarmerのお野菜セットの紹介をしてみたいと思います。

私たちのお野菜セットは週に一度の発送です。あまりコンスタントに発送ができませんが、土曜日か日曜日着にて、お客様へお届けしています。毎週、金曜日に届くお野菜をみて、お客様のセットにいれる内容を決めていきます。

 

種まきをする時期のことを「端境期」というのですが、今はその端境期です。1年に2度、冬野菜→夏野菜への切り替えの時と、夏野菜→冬野菜への切り替えの時のことを言うのですが、今はその端境期。農家さんたちは、今頃は種を蒔いている時期なのです。今年は冷夏だったこと、秋が長く続いていること、それから冬の気候の予測をしながら、きっとうんうんとうなりながら、種蒔きをしていることでしょう。

 

ですので、今は、数量のある野菜はなかなかないのですが、端境期にしか収穫できない野菜、というのもあったりします。冬野菜から夏野菜へ切り替わるころの端境期と、今の時期の端境期とは、当たり前のことですが、全くその顔ぶれが違いますし、端境期ならではの個性的なラインナップとなります。

それもまた、楽しい時期ですので、今週のお野菜セットをちょこっとご紹介。

 

set_1(本文用)

 

【松本一本ねぎ】

江戸時代には既に栽培されていたといわれている松本一本ねぎ。下仁田ねぎの仲間で、根っこに近いところが、くいっと少し曲がっているのが特徴です。焼けばとろりと、強火でおこげをつけて生姜醤油をたらりと。炒めて、味噌、砂糖、酒で味付けしてねぎみそに。おにぎりの具や、焼きおにぎりにどうぞ。好みの野菜と一緒にかき揚げにしても!

 

【縞ささげ】

ささげ、といってもインゲンの仲間。秋の収穫時、表面に紫色の縞模様があらわれることから「秋・縞・ささげ」と呼ばれていて、 2002 年に「飛騨・美濃伝統野菜」に認定されました。特徴的な縞模様は標高の高い飛騨地方ならではの気温差と強い紫外線によりできるといわれています。筋がないので、さっと湯がくだけでもいただけます。炒めて塩、それから天ぷらでも美味しいです !

【穂紫蘇】

普段は便利な香味野菜ですが、夏の時期には葉をいただき、秋の気配の頃には花をいただき、その後に穂をいただくことができま す。1株あるといくつものお楽しみが!穂紫蘇とは、穂の部分。ごま油でいためてお好みでジャコと一緒にいためて、お醤油をじゅっとかけてできあがり。ごはんのおともに最高です! その香りまでもお楽しみくださいね。

 

set_2(本文用)

 

【黄金千貫】

今年もまた出逢うことができました!
私たちがオススメする、本当に美味しいさつまいも黄金千貫。 いも焼酎の原料としても使われているのですが、そのままいただくだけでおやつ代わりに。ほんのりとした甘さがくせになり、いくらでも食べられちゃいます。ふかした芋やひじきや乾物などを一緒にごはんと一緒に炊き合わせて芋ごはんに。

 

【肴豆】

まぼろしの枝豆、肴豆!旬が短く、たったの10日前後しか収穫ができないといわれています。本当に希少です!ゆでる時に、お酒をいれたり、お出汁でゆでたりするとまた美味しさが広がります。でもまずは、そのままの肴豆をお楽しみくださいませ!

 

【白もちとうもろこし】

昔のとうもろこしには、黒、白、黄の、3品種があったといわれるもちとうもろこし。その名のとおり、もち質デンプンを多く含んでいるため、モチのようなねばりがあります。特に、白もちとうもろ こしはもち感が強く、肉質は柔らかく甘味もあります。スイートコーンのように甘さではありませんが、とても懐かしい味を楽しむことができます。まずは茹でて塩でいただいてください。

 

などなど、この時期ならではのラインナップですね!

 

また、話は変わりますが、強い雨がつづいた影響があり、他のお店からはお店に並べられないという理由で、うちにきたもちきびもありまして。

すぐに、箱から出して、1本ずつ余計な皮をむいたり水分をふいて、風をとおしてあげました。お手入れをしてあげると、つやっと復活してきましたよ。

こういった、ほんの少しの手間でお野菜も生きてくることもあります。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

またまた、話は変わりますが、毎週金曜日はスタッフ含めみんなでお昼ごはんをいただきます。ごはんを一緒にわいわいと食べることで、不思議といろんな気持ちを共有できて仕事もはかどってくるものです。そしてなんといってもお野菜の試食タイム!でもありますので、おなかがすいてるわりには、真剣にいただきます。

 

lunch(本文用)

 

今日はお野菜のお話ではありませんでしたが、日常的なお野菜との関わりについて少しでも伝わればいいなと思っています。

ご紹介した野菜たちは、今、すべて伊勢丹で販売しております。数に限りがありますので、興味を持っていただけましたら、ぜひ足を運んでみてくださいね。

Text : warmerwarmer

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ