• 食事情
  • 2013/7/9 05:00:04

劇場のようなレストランのお話

 

オープン前のレストランを見たことがありますが?

シカゴのレストラン、NEXTがアップしているレストランの映像です。オープン前のレストランでシェフ達が仕込みをする様子から、慌ただしくなっていく営業中までが、ZAZの音楽とあいまって、スタイリッシュな世界を構築しています。

映像からは古典的な料理も多く見受けられます。古典を分子料理学的な方法を使って、現代的に表現するのは最近、世界のレストランで流行している料理です。

このレストランをプロデュースしているシェフはグラン・アケッツ。同じくシカゴにあるアリニアというレストランのシェフで、2009年に日本で開催された世界料理サミット《TOKYO TASTE》でも来日しています。

さて、このNEXTというレストランがユニークなのは、チケット制ということ。

このレストランで食事をするためには、ウェブサイトで日にちや時刻を指定してチケットを購入しないといけないのです。チケットの値段は日にちや時刻によって異なります。

料理は四ヶ月に一回、テーマに合わせて変わるそうです。この劇場のようなレストランの試みは今のところ、成功を収めているようですが、日本にもこのような形のレストランが今後、登場するかもしれませんね!

(Via:NewYorkTimes restaurant review

 

Text : naoya

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して食育通信onlineは一切の責任を負いません。

ページ上部へ
ツールバーへスキップ